創作イベント『コミティア』は初心者でも参加しやすい?

創作活動としてイラストを描いていたり、ハンドメイド作品を作っている人の中には「イベントに参加してみたい!」と思う人もいると思います。

 

私は趣味でハンドメイド作品を制作していたのですが、「販売してほしい!」と声を掛けていただいてからネットで販売を始めました。

 

ネット販売をしていても楽しかったのですが、一度イベントに参加してお客さんと直接やり取りしてみたいと思い始めました。

 

そんな私が初めてコミティアに参加した時に思ったことや、参加するにあたってやっておいたことがいいことをまとめました。

 

目次
1. コミティアは参加しやすい?
2. イベント前にやっておくこと
1. SNSで宣伝
2. ディスプレイは重要!自宅でデモ設置
3.前日は徹夜厳禁!
3. 会場で気をつけること
1. 一般参加した際購入しにくかったサークルの特徴
4. まずはSNSでファンを作ろう!
5. まとめ

 

コミティアは参加しやすい?

数あるイベントの中で私が初めて参加したイベントです。
右も左も分からない状態で参加したイベントでしたが、特に難しいこともなく、参加しやすかったです!

 

スペースは長机半分とパイプ椅子1つ貸してもらえます。
一人が不安で友達に手伝ってもらう場合も500円追加のパイプ椅子を貸してもらえます。

 

イベントによっては机・椅子なども自分で必要個数申請しないといけないものもあります。

 

コミティアは始めから上記のものを貸してもらえるので「借り忘れた!!」と焦ることもありません。

 

イラスト本にハンドメイドの置物・アクセサリーにぬいぐるみ、お面など!
様々なジャンルで参加できるので、初めてのイベント参加という人でも参加しやすいイベントです。

 

イベント前にやっておくこと

「初めてのイベント参加…何をしたらいいの?」
そう思う人もいると思います。

 

イベント当日も大切ですが、それ以上にイベント前の準備をすることが何より大切です!

私がイベント時失敗したことも交えて説明します。

 

 

SNSで宣伝

これはとても大切です!
1度だけでなく、毎日何度も宣伝することをお勧めします。

 

私は主にTwitterを使って宣伝していました。

 

「一日になんども宣伝したらフォロワーさんに迷惑にならないかな…」

 

と思う人もいるかもしれませんが、自分の作品を宣伝するのは悪いことではありません。

それに、24時間常にTwitterを見ている人なんていないと思います。

 

「朝は忙しくて見れない」

「お昼によくTL見てる」

「夜メインに使ってるよ!」

 

など!
人によってTLを見ている時間は異なります。

 

朝だけ宣伝ツイートをしても、他の時間にTLを見ているフォロワーさんは宣伝ツイートを見逃してしまう可能性が高いです。
積極的に宣伝ツイートしていきましょう!

 

それと、もし日常アカウント創作活動用のアカウントを同じにしている人は分けることをお勧めします。

 

個人の意見なのですが、日常のツイートや写真に流されてしまい、創作関連のツイートを見逃してしまうことが多いです。

 

個人的な意見なので参考までに…!

 

 

ディスプレイは重要!自宅でデモ設置

イベント会場での自分のスペースのディスプレイは本当に大切です!

 

私は最初、ディスプレイについて特に調べずにイベント参加しました。

和風なハンドメイド作品を制作していたので、机の上にひく布や、作品を置くトレーに和風な柄を取り入れたりしました。

 

「とりあえずこれでいいかー」くらいの考えだったのですが、自分のスペースは自分のお店です。

 

周りのスペースを見てびっくり!

高さを出したり、装飾品を使いとても綺麗にディスプレイされていました!

 

私はほぼ机に直置きのような感じのディスプレイでした。

次のイベントからは高さや奥行きを持たせる配置にしたり、装飾品を多めに用意して参加しました。

 

ディスプレイ一つで本当に印象が変わります!

 

当日どんな感じにするか脳内で考えて終えるだけでは間違いなく満足いったレイアウトにできません。

 

・買い物に行く前にどんな感じのレイアウトにするか考える

・買い物に行った際必要最低限の物を買う

・追加で置きたい物があれば購入する

・自宅で当日のスペースと同じサイズのスペースを用意して実際に配置してみる

 

これはイベント前にやっておくことを強くお勧めします。

 

実際配置してみると思っていたものとだいぶ違うことも少なくありません。

この際、また考え直したりする時間も必要になるので、できるだけ余裕のあるうちにやっておきましょう。

 

イベント前日の夜などにやると追加で買い物にいけなかったり、考え直す時間が足りなかったりとバタバタしてしまいます。

 

前日は徹夜厳禁!

これは、コミティアに限定したことではありません。

どのイベントに参加するときでも前日は早めに寝ましょう。

 

イベントサークル参加する人は朝早く起きなければなりません。
イベント中もほとんどの時間サークル内で過ごします。

 

朝寝坊して入場時間に間に合わないと、一般参加の人達の入場時間まで会場内に入れなくなります。

そうすると、もうお客さんがいる中ディスプレイしないといけないので作品を見てくれる人が減ってしまいます。

 

両サイドに別のサークルさんがいる時も準備でバタバタして迷惑になってしまいます。

 

朝間に合っても、サークルでずっと座っていたり立っていたりしている間に眠気に襲われることもあるかもしれません。

 

前日ゆっくり寝て万全な状態でイベント参加しましょう!
ゆっくり寝るために作品制作や、当日持っていくものの最終チェック2日程前に終わらせておくのがベストです。

 

会場で気をつけること

SNSで宣伝もした!

作品もしっかり作った!

ディスプレイも完璧!

 

これで準備は終わりました!

ですが、この後の行動もとても大切です。

 

作品のクオリティやディスプレイなどはとても大切ですが、他にも気を付けないといけないことがあります。

 

私が一般参加した際、作品はとても素敵なのに購入しにくくて立ち去ってしまったサークルの共通する点があるのでまとめます。

 

作品を並べた後お客さんとコミュニケーションを取らない

お客さんを呼び込んだり、ずっと付きまとって話しかけ続けろということではありません。

(※呼び込み行為は禁止事項なので大声で呼び込まないように!)

 

とても多かったのが、ずっとスマホをいじっている人です。

 

・一人で参加していてお客さんが来なくて暇

・宣伝ツイートをしている

・誰かと連絡を取っている

 

何か理由があるかもしれませんが、作品も見ている人がいてもチラッとみるだけであとはずっとスマホ…作品について聞きたいことがあっても声をかけづらいです。

 

作品の魅力などをしっかり伝えられるのは心を込めて作った作家さんです。

 

「並べたから終わり。」ではなく、挨拶だけでもするようにするとお客さんも声をかけやすくなります。(中には話しかけられたくない人もいるかもしれないので難しいところ…)

 

私がサークル側で参加していて、周りを見ていた時もお客さんに話しかけていた人のサークルには作品について話を聞きに来ていた人が多いように感じました。

 

なかなかないお客さんの声を直接聞ける機会です!
大切にしましょう!

 

まずはSNSでファンを作ろう!

初心者でも参加しやすいコミティアですが、一般参加される方も、サークル参加される作家さんもとても多いです!

宣伝も何もせずにサークル参加しても、ほとんどの人に足を止めてもらえないです。

 

先ずはTwitterなどでファンを増やしましょう!

 

私は初めてのイベント参加の前にずっとTwitterで宣伝活動やプレゼント企画、オーダーメイド企画などを行なっていました。

他にもハンドメイド作品販売サイトにも登録して作品発送する際、サークルの名刺を一緒に入れていました。

 

そのおかげで、初のイベント参加の時も「いつもTwitterで見てます!」「RTで回ってきて気になっていたので買いにきました!」などといったお声をかけていただけました…!

 

イベント前にもしっかり宣伝して、自分のこと・作品のことを知ってもらいましょう!

 

まとめ

イベント前もイベント中もやることは多いです。

 

ですが、イベントに参加してお客さんの反応を直接見れたり、他の作家さんの作品を見れたりと、とても刺激になります!

 

「自分なんてまだまだ…」

「こんな作品じゃ…」

 

と不安に思う人もいると思います。

私も最初は不安な気持ちもありましたが、何よりイベント参加が楽しみ!という気持ちが強かったです!

 

他の人達の作品などを見て創作意欲も凄く湧きました!!

 

「まだ早い」「自信ない」と思わず、積極的にイベント参加してほしいです!

イベントに参加していきながら、少しずつ作品のクオリティを上げていくという考えでもいいと思います。

 

いきなりのサークル参加が不安な人は一度一般参加でイベントの雰囲気を体験するのもいいと思います!

 

創作作品が好きな人なら、サークル参加でも一般参加でもとても楽しめるイベントです!

あなたも是非自分の得意なもので参加してみてください!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください